朝起きたら目やにで目があかなくなったことのある方へ



朝、気持ちよく目が覚めたはずなのに、なんだか変だと思ったら

目が開きにくくなっていた!!!


そんな経験をお持ちのあなた

その目やに、ほっておくと大変なことになるかもしれませんよ!!!


続きは後半にて


image.jpg



カサカサした目やにが、目のふちや周りに付いていることって
結構ありますよね。。。

でも、ねちゃっとした粘り気のある目やにが接着剤の様になり目が開かない!!!

なんと事になると、ちょっと重症です!!!


そもそも目やにとは、
目の中に入ってきた細菌やウイルス、ゴミなどを目から外に出すために分泌されるものです。

人間の目はまぶたの裏側から粘り気のある液体が分泌されます。これは、まばたきの動きをスムーズにするためです。

目の中に上記の様な異物が入ってきた時は、この分泌された液体が異物を絡めて目の外へ排出する仕組みになっています。

この様に「目やに」の正体は、
「目の液体と一緒に排出された異物」なんです。

人間が起きている間は、まばたきをしますよね。
このまばたきをする事によって、目やにが涙と一緒に鼻涙管という鼻とつながる穴に流れていき、最終的に鼻垢となって体外へ排出される仕組みになっています。

ちなみに、鼻垢とは、はなくその事です。

しかし、睡眠中はまばたきをしません。目を閉じたままです。
ですから、目やにが涙と一緒に鼻涙管に流れる事がありません。

これが、目元に残り朝起きた時に目やにが見つかる、と言う仕組みになっています。


さて、ここであなたの目やにの状態をチェックしてみてください。

色はどんな色?またサラサラ、ドロドロでしょうか?

・白や黒で乾燥していれば、通常の目やにと言えます。
・黄緑色でドロドロしているまるで膿のような目やには、細菌による炎症の可能性が高いです。
・透明や白でサラサラの場合は、花粉やアレルギーで炎症を起こしている可能性があります。
・同じく透明や白でドロドロの場合は、ウイルスなどに感染している可能性があります。

この中で私自身がよく経験するのが、アレルギーで炎症を起こすケースです。

アレルギー性結膜炎ですね。。。

これは、花粉や動物の毛、ほこりなどのハウスダストなど、その人にとってアレルゲンとなる物質が目に入ることで起こる結膜炎です。

伝染性はないので家族に移る危険はありませんが、目がかゆく、透明や白い糸をひくような目やにが出るので厄介です。

アレルギー性結膜炎の治療方法と対策は、こちらのサイトを参考にしてみてください↓↓

参天製薬HPアレルギー性結膜炎の治療方法と対策


スマホえんきん
タグ:目やに
posted by キャリア女子子育て中 at 18:36 | 目やに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする