花粉症に効くツボを上手く刺激して鼻ずまりや鼻水を緩和しましょう!



いまでは国民病とも言えるのが花粉症です。

以前は、春先のスギ花粉が飛ぶころがピークでしたが、最近ではその後のヒノキ。

そして秋口のブタクサやイネ科の植物での花粉症で悩まされている人も多くなりました。

もう年中と言っても良いほど花粉は飛び交っており花粉症で悩んでいる人は増えています。

そんな花粉症で悩むあなたに、花粉症の症状を緩和できと言われているツボをいくつかご紹介します。



花粉の飛散がやっぱり一番多いのは春先です。
4月に入っても、まだ鼻水や鼻づまりに悩んでいる人は多いと思います。


だからと言って、鼻をかんでばかりいると鼻の周りがカサカサになってお化粧のりも悪くなります。
こんな調子では、せっかくの春のお出かけやデートであってもお洒落のしがいがありませんよね。


また、鼻がつまったままだと頭がボーッとしてきて、集中力も低下し、大事な仕事や勉強などに影響が出かねません。

そんな症状をやわらげるのに、ツボを押すことで、症状を改善し憂鬱な気分を吹き飛ばしていている人が増えているようです。


花粉症に効くと言われているツボはいくつかありますがここでは3つのツボをお伝えします。


◆鼻通

鼻通.jpg

このツボは刺激すると、文字通り鼻の通りが良くなります。

場所は、鼻の両側にあり小鼻より少し上のくぼんだところ。

まずは、ツボ押しを始める前にしっかり鼻をかんでおきましょう。

両手の人差し指をこすり合わせながら、適度に温まってきたら人差し指をこのツボにあてて、上下にやや強くこすってください。

呼吸は普通にしながら1分程度こすると鼻の通りは改善されてくるはずです。でもあまり強くこすると痛くなりますので、そのあたりは自分で加減してくださいね。


◆百会

百会.gif

鼻先から眉間をまっすぐに結んで伸ばした線と左右の耳の最上端を頭のてっぺんに向かって結んだ線とが交差した辺り、ちょうど頭のてっぺんにあります。

指先で押すと重い痛みを感じます。

この百会のツボをこぶしで軽く30回ほど叩いてみてください。

叩いている内にツボの位置からずれてくるので、最初のツボ探しの時に感じた重い痛みを感じる辺りを感じながらトントンと軽く叩いて見てください。

軽くトントン叩いていてスッキリしてきたら場所は正解です。


◆内鼻、外鼻

内鼻、外鼻.jpg


耳の穴に人差し指を入れ内鼻にあて、外側の外鼻に親指をあて、親指と人差し指ではさみ込むようにして2〜3分を目処に揉み解すように刺激します。

痛気持ちいい、状態がちょうど良い加減です。


この記事を書きながら、私も鼻通をこすってみましたが、確かに鼻通りは良くなってきました。

全ての方に万能に効果があるのかは、やってみないと分かりませんが、私の場合は結構効果があったので、ご紹介させていただきました♪


posted by キャリア女子子育て中 at 17:09 | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする