電車が遅延した時に実施される振替輸送の基準は何分遅れ?



最近、良く出くわす電車の遅れ。

主に、人身事故、線路内立ち入り、急病人の手当や大雨による河川の増水などが原因です。

ところで、この時の対策として行われる振替輸送は、どの様な基準で行われているのかご存知でしょうか?



早速、調べてみました!!


続きは後半にて


PP_yamanotesenshibuya_TP_V.jpg


◆電車がよく遅れるようになった原因とは?


相互乗り入れが増えたことがあげられるそうです。

最近の私鉄各線は、相互乗り入れが色んな駅で行われています。特に東京の私鉄は増えているようです。

これによって、電車が走る路線が以前と比べて長くなりました。

長くなると、当然ながら短い時よりも事故などのトラブルが発生する件数は増加します。

一旦どこかの路線が遅れ出すと、先に述べた様に相互乗り入れが多くなっているので、乗り入れしている全部の路線に影響が及ぶことになってしまうからです。


次に、人身事故の件数も増加しているらしいです。

この人身事故と言うのは、自殺もありますが、スマホやゲームの「ながら歩き」で転落するケースもあるそうです。

もちろん、不注意や偶然ぶつかって転落してしまう事もあるみたいです。

詳しい情報は、調べきれてはいませんが、この様な事故が本当に増えているのであれば、とても悲しい事だと思います。


◆振替輸送になる基準とは?


電車が遅れた場合に振替輸送になる時とならない時がありますよね〜。

これはどの様な理由からなんでしょうか?


調べてみました!!

鉄道会社によって多少の違いはあるようですが。。。

て言うか全ての鉄道会社を全部網羅する事は不可能なので代表的な事例を掲載させていただきますね。


★遅れる時間で判断する場合

運輸指令所と言う部署の判断。

事故でも天候による場合でも、15分以上の遅れが見込まれる場合に実施。

その時まだ5〜10分程度の遅れしか発生していなくても、今後15分以上の遅れが見込まれると判断された場合は、振替輸送を実施すると言う判断になるそうです。


★明確な基準がない場合

今後、現在の遅延が長時間に及び継続すると判断した場合、振替輸送を実施。

実際の事故や天候などは、程度や状況によってそれぞれ違っています。

その後の状況が同じ様に推移するとは限らないので、一概に何分と言う取り決めはしない。と言うことだそうです。


なるほど、鉄道会社によって色々な考え方があるようです。

確かに、簡単には判断しずらい事柄ではありますもんね。







◆振替輸送を実施した時の運賃の負担は、依頼した会社が全額負担ですよね?


これに関しては、振替輸送時に配られる振替乗車票を到着駅で回収した後、後日請求するみたいですね。

まあ、当たり前と言えば当たり前です。

ただ、現実全てのお客さんにこの振替乗車票の配布は成されているのかなあ?

当然、かなりの混雑が考えられます。てことは、配布を受けずに振替の他社の電車に乗っている人もいるのでは?

時々、見るのですが振替乗車票は自動改札を通らないですから、お客さんから係りの人への手渡しになっていますよね。

振替の電車を利用しているお客さんは、実際疲れているだろうし気分もいいものではないでしょうから、配布を受けずに乗った場合はそのまま、なに食わぬ顔で降車駅の改札を通っているのでは?

駅員さんも、こんな時だから気を使って見て見ぬふり?でしょうか?

まあ、この辺は我々日本人の良い点と言うかどうかは分かりませんが、暗黙の了解と言ったことですかね〜

やっぱり日本は、平和だと言うことでしょうね!!


鉄道模型 週間ランキング





posted by キャリア女子子育て中 at 18:34 | 電車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする