酒粕を上手く料理に使えば、便通改善に役立つってホントなの!?



健康に良いとされる発酵食品。

その中でも昔から日本に存在する酒粕ですが、

1年中いつでも簡単に手に入りますし、料理に使う時、意外と汎用性が高い食品らしいのです。。。


料理をする女性.jpg


そこで、いろいろと調べてみました!!


そもそも酒粕とは。。。なに??
その名の通り。。。お酒を作るときにできる残り物??

はい!!

酒粕とは、日本酒などのもろみを圧搾した後に残る。。。白い固形物のことを言うそうです!

やっぱり残り物みたいなものですが、でもこの残り物に含まれる栄養素が凄いみたいですね!!


また、言い方を変えると、

酒粕とは、日本酒を造る工程で生まれる副産物ともいえます。

昔から、日本では、甘酒の材料にしたり漬物などに使われたり、粕汁にしたりして食卓で親しまれてきた食材です。


◆酒粕が体に良いとされる理由◆

酒粕はよく身体に良いと言われていますが、一体なぜ身体に良いのでしょうか?

その秘密は、最近TVなどのメディアでも紹介されている「レジスタントプロテイン」にあります。(ためしてガッテンなどでも紹介されたようですネ。)

酒粕に含まれる肝となる成分である、「レジスタントプロテイン」は、酒粕50g分を毎日食べることで健康パワー効果を期待できることが、最近の研究で明らかになったそうです。


◆レジスタントプロテインとは◆

体内の消化酵素で分解されにくく食物繊維様の生理機能を有するタンパク質である。
食品中に含まれるタンパク質は体内で消化酵素により分解され、アミノ酸として腸管より吸収される。 しかしレジスタントプロテインは消化酵素による分解を受けにくく栄養源として吸収されにくいが、コレステロール低下作用等の効果があり健康維持に対して有効であると考えられている。wikipediaより引用

このレジスタントプロテインは、油分を吸着して便に混ざることで、便を柔らかくして排出されやすしたりするので、便通が改善した例も報告されているそうです。

また、悪玉コレステロール値を下げる研究データも、発表されているそうです。


便通を良くしたり、悪玉コレステロール値を下げたりする働きがある酒粕を、いろいろ工夫して美味しく食べる方法を見つけてみたいものです!!

そんな私は。。。実は酒粕に蜂蜜を付けてがぶっと食べるのが好きなんです(笑)



便痛快!プログラム「酒粕」成分レジスタントプロテイン配合の「和の酒粕」 愛媛の酒蔵からお届け
タグ:酒粕 便通
posted by キャリア女子子育て中 at 18:02 | 酒粕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする