大切な服がクリーニングから返却された時に付いてくるビニール袋のこと



大切な服がクリーニング店から返却されるときにビニールのカバーをかけて返却してくれますよね。

あなたは、このビニール袋を服にかぶせたまま保管していませんか?

実はこれって絶対にやってはいけないことなんですよ💦

ビニール袋の中に湿気がこもり易くなり、カビがとても生えやすい環境になっているんです。

クリーニング店で出た湿気が服から抜け切っていないことがあるからです。

実はクリーニングの仕上げ時には大量の蒸気を使うんですよ。

だから多くの蒸気(湿気)がそのままビニール袋の中にこもっているかもしれないのです。

通常、ビニールのカバーは通気性に乏しく、カビの温床になり易い状態にあります。

だから、必ず服を持ち帰ったらビニール袋のカバーは外してから収納してください。



このビニール袋のカバーは、あなたが自宅に持って帰るまでに服が汚れるのを防ぐ為のものであると考えておいてください。

服を自宅に持ち帰ってからは、ビニール袋のカバーから服を取り出して2時間ほど直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管。

その後不織布製のカバーをかけて収納すれば完璧ですね。

このようにしておけば、湿気をタンスやクローゼットに持ち込むことがありません。

また、大切な服にカビを生えにくくすることができますしホコリに対する対策も充分に出来ています。

もちろん普段からタンスやクローゼットの湿気管理はこれとは別に行ってくださいね。

ちなみに不織布製のカバーには、服の肩から胸の部分だけをカバーする商品もあります。

このタイプは、服全体を覆わないので通気性が良く、肩部分のホコリ対策とカビ防止も出来ますのでとても便利でお得な商品だと思います。


カビとダニの繁殖を防げばアレルギー性疾患と喘息が治せます!TOPへ戻る



posted by キャリア女子子育て中 at 22:14 | ビニール袋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする