猫の耳ダニの症状、治療、駆除と予防のやり方とは?



もしあなたの大切なペットの猫が何度も耳を掻きだしたら、それは耳ダニが寄生しているのかも知れません。

耳ダニが寄生すると頑固なかゆみが継続して起こりますので、その時の猫はずっと痒さが続き嫌な思いをしているのです。



◆猫の耳ダニの症状◆

猫の耳の中に寄生するダニの総称を耳ダニと言います。そしてそのほとんどが、ミミヒゼンダニ、というダニなのです。このミミヒゼンダニは、体調0.3〜0.4mmほどの大きさで外耳道の中の皮膚に寄生します。

猫が壁や床に耳を擦りつけたり、激しく頭を振ったりまた後足で掻いたりなどの動作を繰り返しする場合、耳ダニの寄生が考えられます。さらに、ダニが糞をすることで黒い耳垢が大量に出てきます。

そのまま放置しておくと耳の中にまで炎症が広がり、さらには慢性の外耳炎になる事もあるので注意が必要です。外耳炎が発端で内耳炎や中耳炎を引き起こす事もあり、酷い場合は運動機能に障害が出る可能性があります。

このミミヒゼンダニはとても強い繁殖力を持っていますので、お家で多数のネコを飼っている場合は、他の猫にも寄生すると思った方が良いと思います。


◆猫の耳ダニの駆除・治療の方法◆

あなたの猫が耳ダニに寄生されたと思って自分で黒い垢を取ろうと耳掃除をすると、奥の方にダニを押し込む可能性があります。そうなるとその後の治療は、かなりやっかいな事になります。だからまず動物病院に連れて行ってください。


具体的な治療法は、耳の中を洗浄後駆除薬を用いてダニの数を減少させます。この時よく使われるのが「イベルメクチン」という成分を含んだ飲み薬です。

この薬は、寄生虫の駆除の際によく使われる薬です。その他としては、「メトプレン」と「フィプロニル」という成分を含む薬が使われます。これらは「レボリューション」や「フロントライン プラス」と言う首の近辺に垂らして使う薬に使用される成分です。

これらの薬は殺虫剤と同じですから、もし自分で使用する場合は事前に獣医師の説明をしっかり聞いた上で使用する様にして下さい。また、保管方法にも十分な注意が必要となります。


耳を掻いたことで傷がある場合は、抗生物質による治療を施します。

治療するときのポイントは、耳垢や掃除をきちんと行うこと、繰り返し駆除を行うこと、耳ダニに感染している猫が複数いる場合は全てのネコを一緒に治療を行うことです。

なお、卵には耳ダニ用の駆除薬は効きにくいので、最低3週間以上は駆除を続けた方が良いと思います。

そして、駆除薬による治療だけではなく、耳の中に溜まった耳垢やゴミなどを掃除してあげましょう。耳の中に垢やゴミが残ったままだと、ダニにとっては隠れる場所になりせっかくの塗り薬の効果がでにくくなるからです。


なお、薬を使用する時に、猫が他の病気の治療を行っているのであればかなり注意が必要です。薬は使用方法を誤ると大切なペットの命に関わることもありますので、動物病院でしっかり説明を受けた上で薬をもらい、使用方法も正しく守ってください。


◆猫の耳ダニの予防法◆

猫の耳ダニを予防するには、ダニをもらってこないことが何より大切で、一番の予防法は家の外に出さないことです。しかし家の外に出る猫の場合は、ダニをもらう事を防ぐ事は難しいので、定期的な駆除薬使用が一番の予防と言えます。

耳の掃除のやり方は、動物専用の耳洗浄液を耳に流し込んだ後、耳の付け根を指で柔らかくマッサージしてあげてください。その後、耳の外に汚れが浮き出てきますので脱脂綿などで拭てあげて下さい。汚れが浮き出てこなくなるまでは、繰り返してあげて下さい。

なお、綿棒を使って掃除をすると、耳の汚れやダニを耳の奥に押し込んでしまうので決して使わないようにしてあげてください。

定期的な耳掃除や毎日のブラッシングが、耳ダニの予防と早期発見につながります。


とくにスコティッシュホールドやアメリカン・カールの場合は、耳の構造が複雑なため耳垢の分泌が多く、まめな耳掃除が必要になります。


また、その他耳ダニの予防で大切なことは、人が使う絨毯や布団・毛布などの掃除も定期的に行ってダニが繁殖したり増殖しやすい環境を作らない様にすることです。

あなたの家の環境を清潔に保ちながら、日頃からブラッシングや耳掃除を行って猫とのスキンシップをしっかり行う事でダニの予防を心がける事が大切です。


外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP



posted by キャリア女子子育て中 at 23:27 | 猫の耳ダニ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする